ハウステンボス 長崎

長崎ハウステンボスのレストラン

長崎ハウステンボス内のレストランは、本格的なフレンチから和食、世界各国の料理などが楽しめます。もちろん極上のスィーツもありますし、気軽に食事をしたい方には移動式の屋台などで販売しているファストフードがおすすめです。

また、お酒を楽しみたい大人のお客様のためのバーラウンジやビアハウス、カラオケクラブなども完備されているので、長崎ハウステンボスは朝から晩まで一日楽しめますよ。

こういったレストランの中でも、アジアからヨーロッパまで世界の味覚を味わえるお店はいいですね。チョコレート料理やチーズ料理、バーベキュー、ベーカリー、イタリアンパスタにピザ、地中海料理、韓国料理、そして話題のオーガニック料理など、ちょっと多すぎて迷ってしまいます。1日や2日では食べまわることはできません。

もちろん地元長崎の洋食を楽しめるレストランや長崎チャンポン、和食のレストランもあるので、子供から大人まで満足できる味が必ず見つかります。長崎ハウステンボスはグルメの方も十分に納得できるレストランがたくさんありますよ。

コラム

国交相 ハウステンボス再建で再生機構活用に言及

 前原誠司国土交通相は30日、経営難に陥っている長崎県佐世保市のリゾート施設「ハウステンボス」について「(官民共同出資の)企業再生支援機構が活用できないか、所管の菅直人副総理と相談したい」と述べ、政府として再建支援策を検討する考えを明らかにした。視察で訪れた同県雲仙市で記者団に語った。一方、国交相は運営主体として支援できるか検討中の旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)の沢田秀雄会長と同日、電話で話し「(HISによる支援が)うまくいく仕組みを考える」と伝えたことも明かした。

 すでにHISは佐世保市や長崎県に対し、施設修繕費の見積もりが想定を超えたため「支援困難」との見方を伝達済み。ハウステンボスの運営が行き詰まれば雇用や取引業者への影響が不可避だけに、国交相はHISに再検討を促した上で機構活用の道も探るとみられる。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/other/352090/

まだ、行ったことがないので、ぜひ再建してほしい。

コラム

ハウステンボス、ホテル会社が出資検討へ

 経営再建中のリゾート施設「ハウステンボス」(長崎県佐世保市)に対して、神戸市のホテル運営会社が出資する方向で、施設の再建を支援する野村ホールディングス(HD)と交渉していることが17日、分かった。出資比率については交渉中だが、早ければ月内にも合意する可能性がある。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/302995/

ハウステンボス 長崎

長崎ハウステンボスのアミューズメント

長崎にあるハウステンボスには、楽しいアミューズメントがたくさんあります。オランダの街並みを再現したハウステンボスですが、アミューズメントはオランダにとらわれず、壮大な宇宙や豊かな地球、ミステリアスな世界など子供から大人まで楽しめるアトラクションばかりです。

長崎ハウステンボスの目玉になるアミューズメントは、何と言ってもグランオデッセイです。
グランオデッセイの観客は、ただこの映像アトラクションを見るだけではなく、映画の中に自分自身が登場人物として出てくるという驚きのアトラクションなのです。この仕組みは「フューチャーキャスト®システム」といって、入場時に観客一人一人の写真を撮り、コンピューターが瞬時に顔を3D化して映像に組み込みます。

長崎ハウステンボスのその他のアトラクションでは、月のない宇宙がテーマの「kirara」や、航海シュミレーションの「大航海体験館」、大洪水を体験する「ホライゾンアドベンチャー」なども人気が高いですね。

ハウステンボス 長崎

ハウステンボスのある長崎の名物は?

ハウステンボス長崎県の佐世保市にありますが、長崎といえば何を思い出すでしょうか。

長崎県は佐賀県の隣で、佐賀県と接している部分以外は周りを海に囲まれた県です。島も大変多く、五島列島や対馬、壱岐などは地理や歴史の教科書にも良く出てくるので覚えている方も多いと思います。

江戸時代の鎖国政策で、日本の中でただひとつ外国との交流が許されたのも長崎でした。当時多かったポルトガル人は追放され、長崎の出島でオランダと中国だけが出入りを許されました。
オランダがテーマのハウステンボスのルーツはこの出島にあるわけですね。

ハウステンボスのある佐世保は古くから軍港として有名で、現在でもアメリカ軍や自衛隊の基地があります。

長崎の名物としては、長崎カステラや長崎ちゃんぽん、麦焼酎などがあります。日本中でも販売されているほど有名なものばかりですが、やはり本場で買うのが一番おいしくいただけますね。もちろんハウステンボスにもこういった名産品は販売されていますので、ぜひお土産にしてください。

ハウステンボス ワッセナー

ハウステンボスワッセナーの良さ

ハウステンボスの居住エリアワッセナーの良さをいくつか紹介しましょう。

何といってもワッセナーの良いところは、運河があり四季折々の草木があるという自然と戯れることができる点です。人工的に作られた場所ではありますが、より自然に楽しめるような工夫のおかげで、まるで昔からある自然の中に住んでいるような錯覚に陥ります。

運河には専用の桟橋が多くの家についているので、船を購入してマリンレジャーを楽しむ居住者も多いです。本当に小さな船であれば免許も要りませんし、船舶免許が必要な船でも中古であれば軽自動車くらいの価格で購入できるものもたくさんあります。船舶免許は車の免許よりも安く簡単に取得できますしね。船に乗って釣りも楽しめますが、簡単な釣りなら自宅の桟橋からでもできるのです。

ワッセナー内を歩くと、街の景観がとてもすっきりしていることに気がつきます。これは、日本の多くの街で見られる電線や電柱がないからなのです。欧米に見られるような、ライフラインを地下のトンネルで通す方式を取っているのでこのようにすっきりしているのです。

ハウステンボス ワッセナー

ハウステンボスワッセナーのテーマは共生

ハウステンボスの居住エリアワッセナーのテーマのひとつは「自然との共生」です。元々は工業地帯として開発されたこの土地を自然に帰し、その上で居住型リゾートを作ろうとしたのがワッセナーです。

できるだけ自然を壊さずに開発をするのが基本ですが、もともと壊してしまった自然を取り戻すのは困難です。そのため、ハウステンボスやワッセナーを作る際には、まず可能な限り自然に戻そうとする努力から始められました。

運河を作ることで土地に海を呼び戻し、その周りに草木を育て、そしてその景観を損なわないような街を作り上げていったのがワッセナーなのです。

ワッセナーに入るとわかるのですが、まず戸建のエリアには必ず各戸が運河に面していて水との共生がなされています。
建物そのものはレンガ造りで、これも水を吸い込むというレンガの特性を活かし、雨水がそのまま海へ流れ込まないような工夫がされています。道路も同様にほとんどがレンガ敷きとなっていて、吸水性に優れている上に景観としても素敵な街づくりとなっています。

ハウステンボス ワッセナー

ハウステンボスの居住エリアワッセナーの楽しみ方

ハウステンボスワッセナーは、運河に面した居住エリアですが、人工的に作られたこの場所も今では自然をたっぷりと楽しむ素敵な街となっています。

ワッセナーの特徴のひとつとして、戸建住宅はすべて運河に面しているという点があげられます。
また、その戸建住宅のうち約7割の家には専用の桟橋までついているのです。こうなると桟橋付きのオーナーにとっては「海で遊ぶ」という楽しみが増えてくるのは当然でしょうね。

実際にハウステンボスのワッセナーに移住してきた方のお話を聞くと、小さな船を買って船舶免許を取ってマリンレジャーを楽しんでいるという方がたくさんいらっしゃいます。

また家の前の運河での釣りをのんびり楽しんでいる方も多いようです。
ハゼなどの小型魚だけでなく、時には30センチを超える大きなスズキや黒鯛、フグなども釣れています。さすがにフグは調理できませんが、自宅前で獲れたお魚をお刺身で食べるなんて本当に贅沢ですよね。

自然との共生を楽しめるワッセナーは素敵なエリアです。

ハウステンボス ワッセナー

ハウステンボスのワッセナーで暮らす

ハウステンボスは単なるアミューズメント施設ではなく、滞在型のリゾートを目指して作られました。ワッセナーはそういったコンセプトの元にできた、ハウステンボスにある居住ゾーンなのです。

将来的には3万人の人が住む都市をハウステンボスに作るというのが、ワッセナーの目標となっています。

このワッセナーで家を購入する人は、運河や海・四季折々の草花や鳥のさえずりなどを楽しみ、自然と共生することを楽しみとしています。

九州だけでなく全国からワッセナーに移住してくる方も多いですし、定住ではなく別荘として購入する方も少なくありません。
元々工業用地だったこのエリアを、自然に囲まれたワッセナーにするまでには相当な苦労もあったようですが、ワッセナーに住んでいる方にとっては人工物とは思えない豊かな自然を楽しめる場所となっています。

運河に面したワッセナーは、シーカヤックやボートなども楽しめるリゾート気分たっぷりの居住エリアなのです。

ハウステンボス 宿泊

ハウステンボス周辺の宿泊施設いろいろ

ハウステンボスへのアクセスが便利で、比較的カジュアルに利用できる宿泊施設をいくつかご紹介します。

ハウステンボスは長崎県の佐世保市にありますが、佐世保市内にはインターネットのホテルサイトで予約可能なおすすめホテルがたくさんあります。

佐世保の中心エリアで唯一の温泉付き宿泊施設がホテル万松楼です。佐世保市の高台にあるこのホテルは、43度という高温の温泉が自慢です。露天風呂やジャグジーもあり、美人になれると評判のお湯です。

ビジネスにもファミリーにも利用しやすいのがチサングランド佐世保です。宿泊料金もお手頃で、JR佐世保駅から車で5分という便利さがうけています。

佐世保駅前で一番新しいのが佐世保ワシントンホテルです。佐世保駅まで徒歩3分、コンビニもバスセンターも近い便利なホテルです。ハウステンボスまでは車で15分ほどで到着です。

大島アイランドホテル長崎は、佐世保駅からだと高速艇に乗り20分のところにある島のホテルです。島といっても橋がかかっているので、車でも行くことができます。海の幸をふんだんに使った夕食がウリです。

<<前の10件  1 2 3 4 5..  次の10件>>



Powered by Seesaa