ハウステンボス 長崎

長崎ハウステンボスのレストラン

長崎ハウステンボス内のレストランは、本格的なフレンチから和食、世界各国の料理などが楽しめます。もちろん極上のスィーツもありますし、気軽に食事をしたい方には移動式の屋台などで販売しているファストフードがおすすめです。

また、お酒を楽しみたい大人のお客様のためのバーラウンジやビアハウス、カラオケクラブなども完備されているので、長崎ハウステンボスは朝から晩まで一日楽しめますよ。

こういったレストランの中でも、アジアからヨーロッパまで世界の味覚を味わえるお店はいいですね。チョコレート料理やチーズ料理、バーベキュー、ベーカリー、イタリアンパスタにピザ、地中海料理、韓国料理、そして話題のオーガニック料理など、ちょっと多すぎて迷ってしまいます。1日や2日では食べまわることはできません。

もちろん地元長崎の洋食を楽しめるレストランや長崎チャンポン、和食のレストランもあるので、子供から大人まで満足できる味が必ず見つかります。長崎ハウステンボスはグルメの方も十分に納得できるレストランがたくさんありますよ。

ハウステンボス 長崎

長崎ハウステンボスのアミューズメント

長崎にあるハウステンボスには、楽しいアミューズメントがたくさんあります。オランダの街並みを再現したハウステンボスですが、アミューズメントはオランダにとらわれず、壮大な宇宙や豊かな地球、ミステリアスな世界など子供から大人まで楽しめるアトラクションばかりです。

長崎ハウステンボスの目玉になるアミューズメントは、何と言ってもグランオデッセイです。
グランオデッセイの観客は、ただこの映像アトラクションを見るだけではなく、映画の中に自分自身が登場人物として出てくるという驚きのアトラクションなのです。この仕組みは「フューチャーキャスト®システム」といって、入場時に観客一人一人の写真を撮り、コンピューターが瞬時に顔を3D化して映像に組み込みます。

長崎ハウステンボスのその他のアトラクションでは、月のない宇宙がテーマの「kirara」や、航海シュミレーションの「大航海体験館」、大洪水を体験する「ホライゾンアドベンチャー」なども人気が高いですね。

ハウステンボス 長崎

ハウステンボスのある長崎の名物は?

ハウステンボス長崎県の佐世保市にありますが、長崎といえば何を思い出すでしょうか。

長崎県は佐賀県の隣で、佐賀県と接している部分以外は周りを海に囲まれた県です。島も大変多く、五島列島や対馬、壱岐などは地理や歴史の教科書にも良く出てくるので覚えている方も多いと思います。

江戸時代の鎖国政策で、日本の中でただひとつ外国との交流が許されたのも長崎でした。当時多かったポルトガル人は追放され、長崎の出島でオランダと中国だけが出入りを許されました。
オランダがテーマのハウステンボスのルーツはこの出島にあるわけですね。

ハウステンボスのある佐世保は古くから軍港として有名で、現在でもアメリカ軍や自衛隊の基地があります。

長崎の名物としては、長崎カステラや長崎ちゃんぽん、麦焼酎などがあります。日本中でも販売されているほど有名なものばかりですが、やはり本場で買うのが一番おいしくいただけますね。もちろんハウステンボスにもこういった名産品は販売されていますので、ぜひお土産にしてください。

ハウステンボス 長崎

長崎ハウステンボスの工夫

長崎ハウステンボスは、エコシティーとしての工夫が随所に見られます。
まず、長崎の工業用地として埋め立てられたこの場所の土壌改良と植樹を行いました。

その後は埋め立ててしまった長崎の海を呼び戻すために、運河を作って海水を引き込みました。運河の作り方も、コンクリートなどで水際を埋めるのではなく、自然に近い形にするため砕いた石と土を使って生物がすみやすい状況にしたのです。

長崎ハウステンボスというエコシティーの景観を考えた工夫もあります。
長崎ハウステンボスに行くと気が付きますが、ここには電柱や電線が一切ありません。アメリカやヨーロッパでは良く見られる光景ですが、これは電力や水道、ガス、通信などのラインをすべて地下のトンネルに通しています。これによって地上はすっきりしますし、トンネルに入ればすべてのラインを見ることができるので、維持管理も楽になるのです。

長崎ハウステンボス内は音も静かで、人工的な音がなるべくしないような工夫や、夜の街灯などの光も統一された色のやわらかい光源を使うことでオランダ風の街並みを再現できました。

ハウステンボス 長崎

ハウステンボスで手作り土産を作りましょう

ハウステンボスでは様々な体験メニューがあり、世界にひとつしかないオリジナルのお土産を作ることができます。

【本真珠アクセサリー制作】グリッターでは、長崎の大村湾で採れた最高級のパールを使ったオリジナルのアクセサリー制作を体験できます。

【チューリップ染め】エステラでは、ハウステンボスで育ったチューリップを染料として使い、ハンカチやスカーフ・Tシャツなどを作ることができます。

【香りづくり】La Rose(ラ ロゼ)では、バラの香り玉制作が体験できます。自分自身でブレンドした香りをお土産にしてください。

【電子レンジガラス】ワラキアは色とりどりのガラスを、ガラスカット専用のはさみで切りながらピヤスやリング・ペンダントトップなどを10分ほどで作ることができます。

その他にも手作りのオルゴール制作やオランダ直輸入の木靴にペインティングしたり、長崎名物のとんぼ玉作りやステンドグラス制作なども体験することができます。

ハウステンボス 長崎

ハウステンボスは長崎のエコシティー

長崎にあるハウステンボスは、単なるテーマパークではありません。今話題のリサイクルやリユース、エコ、ロハスといったキーワードを、すでに15年以上前から考え、実践してきたエコシティーなのです。

長崎ハウステンボスがあるこの場所は、元々は1950年代〜70年代の高度成長期に、工業用地として海を埋め立てた造成地でした。ところが長崎のこの土地に工場を作ろうとする企業は現れず、長い間荒れ放題の状況となっていました。

ここを観光地として再開発することになった時、普通のテーマパークではなく、環境を考えたエコシティーをここ長崎に作り上げるというコンセプトが生まれたのです。

まず、工業用地として造成された土地を、なるべく自然の状態に返そうとする作業から始まりました。土を入れ替え、40万本も樹木を植え、運河を作り、ハウステンボスを展開する土台を作っていきました。

テーマパークのほとんどは、そこにあるものを多少なりとも崩して作り上げるものですが、長崎ハウステンボスは自然に戻すところから始めたのは素晴らしいですね。

ハウステンボス 長崎

ハウステンボスは長崎にあります

ハウステンボス長崎にあるテーマパークです。なぜ長崎にハウステンボスができたのかというと、長崎にゆかりのあるオランダに関係のあるテーマパークだからなのです。

長崎のハウステンボスのルーツは、現在のオランダの女王陛下がお住まいになる「パレス ハウステンボス」です。このパレスの外観を長崎で忠実に再現するという約束で、オランダ当局より許可を得てこのテーマパーク ハウステンボスを作りました。

元々長崎のこの場所は、何もない荒れた土地でした。そこに森を再生し、環境を大切にした街を作り、自然と共生できる都市を作りたいというコンセプトでハウステンボスは作られていきました。

テーマパークのほとんどは外から遊びに来て帰っていく場所であり、何泊かの短期滞在はありますが、そこに住むという発想はなかなかありません。長崎のハウステンボスは「そこで暮らせるテーマーパーク」として、他のテーマパークとは違った魅力があります。



Powered by Seesaa