ハウステンボス@長崎のテーマパーク! > ハウステンボス 特急 > 初代特急ハウステンボス号

ハウステンボス 特急

初代特急ハウステンボス号

現在走っているハウステンボス号というL特急は、783系というJR九州のオリジナル車両ですが、1992年3月のダイヤ改正で初登場した時は485系という特急車両を使用していました。この485系という特急用車両は、良く全国各地で見られた、顔が四角くて運転席が屋根の上についている特急です。最初に走ったハウステンボス号は赤一色という強烈なカラーでした。あまり赤一色という特急は見たことがありません。その後にカラーリングは変更され、ハウステンボスをイメージした赤と青と緑と黄色をブロックパターンで塗装した特急になりました。

現在の特急ハウステンボス号は、2000年のダイヤ改正で老朽化した485系からJR九州オリジナルの783系特急車両に変更され、485系の初代ハウステンボス号はなくなりました。

ただ、4色のブロックパターンからなるカラーリングは継承され、783系の特急ハウステンボス号もカラフルな4色の特急となりました。この783系もいずれ新しい車両に変わると思われますが、あのポップなカラーリングは残して欲しいですね。

<<ハウステンボス号の座席 | ハウステンボス@長崎のテーマパーク!トップへ | ハウステンボスの都市型ホテル:ホテルヨーロッパ>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa