ハウステンボス@長崎のテーマパーク! > ハウステンボス 長崎 > 長崎ハウステンボスの工夫

ハウステンボス 長崎

長崎ハウステンボスの工夫

長崎ハウステンボスは、エコシティーとしての工夫が随所に見られます。
まず、長崎の工業用地として埋め立てられたこの場所の土壌改良と植樹を行いました。

その後は埋め立ててしまった長崎の海を呼び戻すために、運河を作って海水を引き込みました。運河の作り方も、コンクリートなどで水際を埋めるのではなく、自然に近い形にするため砕いた石と土を使って生物がすみやすい状況にしたのです。

長崎ハウステンボスというエコシティーの景観を考えた工夫もあります。
長崎ハウステンボスに行くと気が付きますが、ここには電柱や電線が一切ありません。アメリカやヨーロッパでは良く見られる光景ですが、これは電力や水道、ガス、通信などのラインをすべて地下のトンネルに通しています。これによって地上はすっきりしますし、トンネルに入ればすべてのラインを見ることができるので、維持管理も楽になるのです。

長崎ハウステンボス内は音も静かで、人工的な音がなるべくしないような工夫や、夜の街灯などの光も統一された色のやわらかい光源を使うことでオランダ風の街並みを再現できました。

<<ハウステンボス号の座席 | ハウステンボス@長崎のテーマパーク!トップへ | ハウステンボスの都市型ホテル:ホテルヨーロッパ>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa