ハウステンボス@長崎のテーマパーク! > ハウステンボス 宿泊 > ハウステンボス ロボットが接客「変なホテル」完成

ハウステンボス 宿泊

ハウステンボス ロボットが接客「変なホテル」完成

長崎のハウステンボスが今年7月に開業するという「変なホテル」が、ネット上で話題になっている。

「変なホテル」は正式名称。同ホテルは、ロボットや自然エネルギーなどの最新技術を積極的に活用することで人件費や光熱費を大幅に削減し、低料金と快適な空間の実現を両立させたのだとか。

ホテル内では、受付ロボットやポーター(荷物を運ぶ従業員)ロボット、清掃ロボットなどが稼働し、それぞれが人間に代わって業務に従事する。公式サイトには「効率的に業務を遂行しながらも、どこかに温かみを感じるロボットたちとの会話もお楽しみください」と書かれており、会話ができるタイプのヒューマノイドが設置されることがうかがえる。

さらに、チェックイン・アウトはセルフサービスでフロントにおける渋滞のストレスを緩和、最新の顔認証システムの導入で鍵を持ち歩く必要がない、など、とにかく“未来を感じさせる”サービスが特徴となっている。

続きは
http://news.livedoor.com/article/detail/9735699/




<<長崎のスイーツ | ハウステンボス@長崎のテーマパーク!トップへ | 12/3(土)・4(日)はクリスマス スペシャルデイ!>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa